カード単体考察

【デュエマ】ニコル・ボーラスについて考察

強力なハンデスと除去を持つクリーチャー!

DMX-22で登場した水と闇と火のエルダー・ドラゴン・プレインズ・ウォーカー。

バトルゾーンに出ると7枚の手札を捨てさせる能力とアタックするときクリーチャーの除去をできる。

捨てさせる枚数は《悪魔龍 ダークマスターズ》や《「智」の頂 レディオ・ローゼス》をも上回る。捨てるカードを選ぶのは相手だが、その枚数の多さから手札をすべて捨てさせる事ができるだろう。

アタックするとクリーチャーを除去する能力もシンプルながら強力であり、既に場に出ているクリーチャーの除去は勿論、手札から捨てられる場合に、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出すクリーチャーが出てきても返しのターンで除去できるなどシナジーが強い。

難点

8コストという重さと、3色により入るデッキがある程度限定される。その重さで《インフェルノ・サイン》や《煉獄と魔弾の印》で出す事もできない。
ただ、コマンドでこそ持たないが幸いドラゴンなので、コスト軽減やコスト踏み倒しの手段は豊富。特に《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》で《ソウル・アドバンテージ》を凌駕する手札を捨てさせるクリーチャーを出すのは驚異の一言。パワー7000と《ドンジャングルS7》で呼び出せるライン丁度なのもいい。

また、クリーチャー除去がアタックトリガーであるため、《水上第九院 シャコガイル》のエクストラウィンとアンチシナジーである。【5色フェアリー・ミラクル】のミラーマッチとなった場合、8→9と繋げてこれと《水上第九院 シャコガイル》を出して以降は、これで相手の盤面を荒らしつつダイレクトアタックに向かって行き、エクストラウィンはオマケと割り切って《水上第九院 シャコガイル》で抱え込んだシノビや《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》の踏み倒し先などで相手を迎え撃つ、という展開になることもそれなりにある。

総じて、コントロールデッキ向けの、非常に優秀なカードである。

環境において

登場して間もなく革命ファイナル環境では【5色ジャックポット・エントリー】のキーカードとして重用された。当時はコスト踏み倒しメタも大した除去耐性を持つものが存在しなかったため、予め《ボルメテウス・ブラック・ドラゴン》で場を整えれば問題なかった。ただ、ハンデス全盛環境だったので、露骨に《斬隠蒼頭龍バイケン》や《熱血提督 ザーク・タイザー》で対策されることもあった。

新章デュエル・マスターズ環境になると《異端流し オニカマス》が登場したことで【5色ジャックポット・エントリー】が環境から失墜したが、だからといって真剣勝負で見かけなくなったわけではなく、強化を受けた【5色フェアリー・ミラクル】で引き続き使われることとなった。

ところが双極篇環境、正確に言うとDMRP-06期になると速攻とランデスを両立する【“轟轟轟”ブランド】が成立し、ひいては【5色フェアリー・ミラクル】などビッグマナの立場が危うくなり、対戦で見かけることはあっても環境に影響を及ぼさなくなった。

それでも超天篇環境になると【チェンジザドンジャングル】が定着し、《ドンジャングルS7》とのセットで馴染みのカードとなった。また、この環境で著名になった【5色蒼龍】でも定番のカードとして使われている。

元ネタ

元ネタはMagic:The Gatheringに登場するドラゴン、ニコル・ボーラス。
《ニコル・ボーラス/Nicol Bolas》からパワーと種族を、《プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス/Nicol Bolas, Planeswalker》から除去能力を、両方から色とマナコストとハンデス能力を再現している。フレーバーテキストは《ボーラスの奴隷/Slave of Bolas》からの引用。

このクリーチャーの文明色は水/闇/火だが、手札を捨てさせる能力とクリーチャー除去、二つの能力が共に闇文明の能力に相当する物だという点は一見すると不思議に思える。恐らく、(本家MTGでは赤に当たる)火文明の能力でクロスギア破壊やランデスができるとカードパワーが上がりすぎ、本家の青が担当する、相手クリーチャーの相手のクリーチャーを、自分のクリーチャーのように扱うことができる能力は、デュエル・マスターズのゲーム性にそぐわないとして、再現されなかったのだろう。

相場

シナジーの塊とも言えるほど非常に強力な能力を合わせ持ち、初登場が非常に当たり辛いDMX-22のb枠ホイルという事もあって、シングルカード市場での相場は発売当初から高止まりし、結果的に収録パックの箱買いよりも高くついてしまう事態も散見される。流通量の絶対数がそもそも少ないこと、それでいて使うなら複数投入が必須であること、コラボカードゆえに今後の再録が望めないことが主な理由である(一応《ウソと盗みのエンターテイナー》及び《その子供、凶暴につき》の前例はあるが、可能性が低いことに変わりはない)。このカードを採用するデッキが、【5色デッキ】とその派生に留まっていることは不幸中の幸いだろう。

このような状況と、革命ファイナル時期での高騰が重なり、デュエマ他TCG問わず、代表的な高額カードとしても知られている。

再録や殿堂入りが成されない限り、このような状況は続くだろう。仮に再録されても流通数が伸びなければ相場はあまり下がらず、逆に再録分の方が高額になってしまう(《超戦龍覇 モルト NEXT》が一例である)という逆転現象が起きてしまう可能性もあり、難しい問題ではある。

その後DMRP-05 「双極篇 第1弾 轟快!! ジョラゴンGo Fight!!」にて1BOXに1枚だけ封入されているUGCとして、まさかの、そして待望の再録を果たした。

ブロック構築では使用できず、収録も5種類の中からランダムかつ低確率であるものの、通常エキスパンションでの再録である事から、相場の暴騰が止まる事も期待される。2019年2月現在は1万の大台すら超えていた一時期ほどの値段はついてないものの、特にDMX-22のオリジナル版は未だに高額カードの部類である事に変わりはない。

《ミステリー・キューブ》の殿堂解除により、環境レベルには至っていないとはいえついに【5色デッキ】以外での需要が生まれた為、高騰する相場に歯止めがかかる気配はない。